2016/08/11 16:03:11 |

とても綺麗な友人だったのです。おしゃれが大好きで、いつも誰かの憧れの的だったのです。その友人が最近変わりました。見た目がみるみる変わってきたのです。
どうでもいいような服を着ています。体も洗っているのか不思議なほど汚れています。そして目が変わってきました。
噂によると、借金のせいでボロボロになったと聞きました。最初は目を疑いました。似ていると言われれば似ていますが、まるで別人のようなのです。あまりにも変わった姿を見て、私は悲しくなりました。
当時付き合っていた男性のせいで、かなり借金をしたと聞いています。そしてその男性と別れても友人には莫大な借金が残ったのです。仕事もしているかどうかわかりません。実家を追い出されて、どこに住んでいるかもわかりません。その友人を偶然見たのです。
見るたびに変わってきました。ひどくなっているのです。
私は借金をした事がないので、あまりよくわかりませんが金利も返せないくらいだと言っていました。お願いだからお金を貸してほしいとも言われました。でも私には今の友人は信用する事ができなかったのです。ここでお金を貸してしまったら、ずっと貸す事になるかもしれないと思いました。返してもらえそうにもないという事も、友人を見てわかっているのです。
借金は怖いです。人をここまで変えてしまうのです。あんなにも綺麗で、男性にモテていた友人が今では見る影もありません。そんな姿にだけはなりたくないのです。

2016/07/11 15:00:11 |

若さゆえの失敗というならば、それで済むかもしれません。しかし、お金を借りるということにあまりにも無知であったためにかなり大きな利息を払うことになってしまいました。
クレジットカードのキャッシング枠でもキャッシングをすることはできます。クレジットカードをもっていれば、申し込みや審査をすることなくキャッシングを利用することができるので、ちょっとしたお金が必要になったときにはよく利用していました。それでも多くても3万円位まででしたし、返済も翌月のショッピングの支払いと同時の一括払いにしていました。
それが、一時期かなり競馬にはまったことがあり、頭に血が上りやすかった私は競馬の軍資金が足りなくなるとクレジットカードのキャッシング枠を利用して現金を調達していました。返済を完了しないうちにまた上乗せして借りるということをしていたので、一括払いでは返済が多くなるので、リボ払いがどういうものなのかよくわからないのに、月々の支払いが一万円で済むということの魅力だけでリボ払いの選択をしていたのです。クレジットカードのキャッシング枠の限度に達したので、それ以上は借りれなくなりましたが、その分の返済が終わるまではかなり長期間返済を続けなければなりませんでした。かなり多くの利息を支払う羽目になってしまいました。あとからリボ払いの本質を知りましたがすでに遅すぎました。

2016/06/12 11:58:12 |

借金するにしても借りているという実感があればそれほど大きな問題にはならないと思うのですけど、その意識が無くなってしまうと一転して困った事になってしまうでしょう。借りているのに自分の物になってしまったかの様に錯覚してしまうんですね。もちろん返済期限までは余裕かも知れませんけど、それが過ぎてからが恐ろしいことになります。当然同じ業者からはお金を借りる事が出来なくなりますし、また、それ以外の問題も起きてしまいます。

 

例えば借金を回収する人達が自宅にまでやって来てしまうんですね。最初の内は手紙等で連絡をするだけかも知れませんけど、それに対して反応しないでいるとこの様な事態になります。もちろん法律の範囲内での回収という事になりますから暴力事件等に発展する確率は極めて低いと思うのですけど、合法的な範囲内で色々なことをされる可能性があります。その様な事態に発展してしまうと困るわけですから、事前に借金しない等の対策をしておかなくてはいけません。

 

面倒に感じるかも知れませんけど、収入以上の支出をしない事がやはり基本となるでしょう。生活は質素になるかも知れませんが、最悪の事態を防ぐには結局この方法しかない気がします。借金しない事が何よりも大切なんですね。

2016/04/26 16:02:26 |

止むを得ず借金が必要になった場合は、安易な条件で希望の金額が直ぐ借りれるからと闇金を利用するなんて事は言語同断です。
闇金の融資勧誘は、借金返済で資金捻出に困窮してる人の弱みにつけこみ、不意に配布されるチラシやフリーメールで突如送られる事が多いですから、くれぐれも誘惑に負けないようにしないといけません。
先ず闇金自体が違法な貸金業者である事は勿論、国が定めた利息制限法以上に高額な金利を上乗せして急な返済を迫ってくるケースが多いです。
もし、うっかり闇金から借金して執拗な取り立てのトラブルに巻き込まれてる時は、警察よりも弁護士事務所にヘルプの相談を求めるのがベストです。
弁護士には闇金の借金案件を解決に導いた実績ある人が沢山いるので、一番の心身ストレスになりやすい自宅への取り立てを強制的にストップさせる権限がありますし、違法金利分の返還を求める手続きも代理で行ってくれます。
又、闇金から借りてなくても、消費者金融や信販会社などから140万円以上の多い借金がある場合は、弁護士なら任意整理や個人再生などでペナルティーを最小限にした債務整理も提案してくれるので、破産申告せずとも周囲に内密で借金整理が叶います。
心配な債務整理に掛かる弁護士費用に関しても、今は月々一定金額を地道に積み立て金として支払う方法もありますから、あまりナーバスにならずに気軽に相談会の予約をする事がお勧めです。

2016/03/19 21:29:19 |

一度借金を行うと、知らない間にその額が大きくなってしまいます。
最初は、生活費の一部や好きなものを購入するために数万のみという少額の借金を行います。少額であれば、特に問題なく返済できると思ってしまうのですが、このおごりによって借金地獄に突入してしまうのです。
返済できると甘くみていると、借金することに抵抗がなくなり少しずつ借りる額も大きくなってきます。最初の内は返済できる額だと思っていたものが、徐々に金額が大きくなってくると、気が付いたときには返済できる金額を超えてしまいます。
また、安易に借金することで、いつでもお金が手元にある状態になるため、好きな物を買いあさる日々になってきます。今までとは違い、我慢することなく好きな商品を購入していると、買い物依存性に陥りやすくなり高額な商品を意味もなく購入するに至るのです。
最初は何の気なしに借金していても、徐々にその悪循環にはまるようになってしまうので、借金するときには気を引き締めてお金を借りる必要があります。本当に必要な金額だけを借り、早めに返済することを意識すれば、借金地獄に陥ることなく生活することができます。そのためには、まずは身の丈に合った生活を送るようにしましょう。

2015/12/29 20:20:29 |

あなたは消費者金融でお金を借りたことがあるでしょうか?もし、まだないという方であれば、いつか消費者金融でキャッシングなどをする際には、けっこう注意しなければならないこともたくさんあります。
それは、まずは当たり前のことですがお金を借りすぎないことです。年収に見合わないような莫大な金額を借りてしまうと、当然借金の返済が難しくなります。そのために、事前によく計画を立てて慎重になる必要があります。

 

そして、借金をしっかりと返済していくということです。これは当然なのですが、中には借金を滞納してしまったり、借金の返済がなかなかできないという方も少なくないのです。そのこともあって、最悪の場合にはブラック扱いにもなってしまうので、そうならないようにしっかりと計画性を持って借金を返済していく必要があるでしょう。

 

もちろん、お金に困っている方もたくさんいらっしゃるはずですし、消費者金融にお世話になる機会もあると思います。そのときはできるだけ借り過ぎないように、収入に合わせた金額にしておきましょう。
そうすることで、借金の返済もそこまで苦にならないのではないでしょうか。借金を作ってしまうと大変なのですが、計画性を持ってちゃんと返済していくことで、借金の完済もできるはずです。

2015/06/04 14:49:04 |

借金は非常に怖いものだと思います。
何気なく借りた借金が雪だるま式に膨れ上がり、そして最後には破綻してしまう…そういうこともあり得ます。
一家心中や、また悲惨な破綻パターンはすべて借金などが原因と言うことが多いです。
借金と言うのは、クセのようなもので、まず借金癖は治らないとされています。
借金癖がある人は、ついつい借りてしまい、そして返せなくなると他の金融機関で借りてしまうということになります。
そしてその後利子などがあちこちで膨らみ、そしてブラックリストとなってしまうのです。
借金がある場合、働いていても返すことが出来ず、利子を返しても元金がいつまでたっても減らない、ということになりかねません。
このように、借金が膨れ上がってしまうとどうしようもなくなってしまう…というのが現実です。
この世では病気なども怖いですが、借金はもっと怖いものだと思います。
借金を清算する方法は、自己破産や、債務整理などがありますが、これらの方法を行ったとすると、家や資産をすべてとられてしまい、貯金もゼロとなってしまいます。
こうなるとやり直すのも大変ですし、老後などの不安もあります。
ですので、借金はなるべくしないほうが良いと思います。

2015/05/20 16:07:20 |

借金は、できるならしたくないものだよね。
だれも好きこのんで借金をするわけがないものね。
どうしても借金しなきゃならないからするんだと思います。
借金をするときの気持ちって自分でも何かイヤだしね。
人に借りる場合なんかでも、こっちもイヤだし、相手もイヤなんだと思います。
考えてみれば、普通のクレジットカードでの買い物だって借金をしているようなものなんだよね。
昔だったら、クレジットカードで買い物をすることにさえ少し抵抗がありました。
やはり借金をしているような感覚があったから、クレジットカードでの買い物をできるだけ避けるようにしているところがありました。
ところが、インターネットが登場し、世の中に普及して、インターネットでのお買い物にはクレジットカードが必要だったり、クレジットカードの方が便利だったこともあるからなのでしょうが、クレジットカードでの買い物をすることへの抵抗がすっかり消えてなくなってしまったんですよね。
このことは、インターネットの功罪でもあるんだろうなって思っています。
クレジットカードでの買い物も借金の一種だと思っていないとね。
借金は本当にするのもされるのもイヤなものだと思いますが、そう思わない人もいるのでしょうね。

2015/05/08 14:23:08 |

10年くらい前のことですが、夫が自己啓発セミナーに嵌ってしまいました。
大学時代の悪友からの紹介で、気楽な見物という軽い気持ちが気がついたらどっぷり浸かってしまい、月に5万とか10万を使うようになり消費者金融で100万円くらい消費していました。その時には離婚しようと思いました。
結局こんな怪しいセミナーなんてやっても何にもならなかったのに、平然と賢人みたいな顔をする夫が許せませんでした。私の本気を感じ取ったのか夫もすっぱり自己啓発セミナーをやめました。仕事で悩むことがあってのことだと思うので、一概にこれ以上責めてはいけないとも考え直しました。
100万円を返済するのは大変でした。コツコツ2年で返済を終えましたが私もパートに出かける時間を増やさなくてはならなかったし、食卓にのぼるおかずも1品だけになりました。
育ち盛りの子供がいるのに、当時は夫ともギクシャクしていました。私はそのせいで体も壊して、子宮内膜症が悪化して、悪性の貧血で何度も倒れました。
その度に悲しくてたまらない毎日でしたが、夫とは再構築し今も仲良く暮らしています。
お金の管理は全面的に私が握ることになりましたので、不透明なお金の流れも遮断しました。
借金は夫婦仲を悪化させるし、体も壊すと思います。しないに越したことないです。

2015/05/01 15:22:01 |

最近は若い女性や主婦でもコッソリと借金している事は珍しくなく、その目的はショッピング資金であったり、子供の教育費や日用品代、時には借金の返済金の補填だったりもします。
しかし自身の収入能力以上に借金が山積みになると、どうしても返済期日までに借金を返済できない状態になり、借入の利用をストップされる可能性もあります。
特に女性は、家族に内緒で借金している人が多く、1人で悩みを抱えがちになり、どこに借金返済の悩みを相談すればいいか分からない人も少なくありません。
そんな時に味方になってくれるのが、女性専用の借金相談窓口がある弁護士事務所です。
債務整理をしたいけど費用が気になる人や、主人にはどうしても内緒にしたい、督促状が自宅に届くのを避けたいという人にお勧めなのが、テレビCМでもお馴染みのアヴァンス法律事務所の女性窓口(アヴァンスレディース)です。
アヴァンスレディースは、他の事務所ではなかなか見掛けない顧客サービスが提供されています。
例えば債務整理の相談は女性の弁護士のみが担当し、来訪が初めての人でも心から悩みを打ち明けやすいリラックスできる空間を心掛けています。
それから督促が何度もきている借入業者に対し、催促をやめるように代理で取り計らってくれ、女性利用者のストレスを軽減してくれます。
債務整理の費用に関しても、女性の立場である事を考慮し、初期費用はゼロ円で弁護士が受任し、債務を減額できた時の報酬もタダとしています。
借金問題は自身のみならず家族にも大変デリケートな問題なので、女性で悩みを話せる所が他に無いという人は、アヴァンスレディースの無料相談を是非活用してみましょう。